2017年5月23日火曜日

手具の高さと選手の両方を映すカメラワーク

Probably the only,Camera work that reflects both Height of the pastorelli and players.
【新体操の手具の軌道と高さを研究できるビデオ撮影】
 あなたは、新体操の個人演技に於いて「手具(pastorelli)の高さと選手の両方を映すカメラワーク」の動画を観たことがありますか? 当方が過去に納品した全国大会のDVDには、それが映っております。調べてみてください。オリンピックや世界選手権の動画を観ても、カメラ台数が多くカメラアングルもいろんな角度から撮っていますが、「手具(pastorelli)の高さと選手の両方を映すカメラワーク」を、私の映像以外、観たことがありません。じゃ、そのカメラワークは必要ないのでしょうか? いや、違います。当方は、複数の名門新体操クラブ様に何年もお世話になっておりますが、「そのカメラワークは要りません。」なんて言われたことがなく、むしろ、もっと観たいと言って頂いております。これこそが、世界に例のないカメラワークと言えるのではないでしょうか。。。
 新体操は言うまでもなく手具を扱うスポーツであり、この手具の高さと選手の両方を映すカメラワークは、おそらく、世界でも例のないカメラワークでありながら歓迎される訳とは、カットを割らない(瞬きしない)撮り方であり、手具の投げるタイミングは寄りで、一番高く上がっている時も選手が込みで映っており、キャッチの瞬間も寄りなので、手具の軌道と高さも確認でき、特にリボンなどは弧を描く美しさもきちんと見えています。もちろん、その間、選手がどんな演技をしたかも分かります。なので、映像を通して何回でも確認でき、技の修正や新たな技の開発にも役立っていただければ幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿